カネスタってどう?話題のオンラインマネースクールの無料コースを受けた感想とデメリット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

金融商品や不動産の販売や勧誘をしない、独立系のマネースクール『カネスタ』のオンライン学習無料コース「生命保険の授業」を受講した感想。「お金の管理ができるようになりたい人」、「計画的なライフプランをつくりたい人」にオススメ。

授業は1コース4〜6本の動画になっていて、学習時間は合計1時間ほど。最後にはテストで内容を振り返ることができ、希望すればその後講師と面談もできる。これで無料は驚きです!

この記事では、マネースクールについて、カネスタのメリットやデメリット、記者が思ったカネスタを使った勉強法、講義内容などを紹介。

もー、どうしよう!全然、貯金が貯まらない!
仕事は楽しいんだけど、このままじゃ将来やばいかもしれないー😩

貯金が溜まっていないと不安になるよね。それは、まいちゃんが自分のお金を管理できていないのが原因なんだ!
そういった悩みを抱えている人は多くて、最近ではマネースクールに通っている人が増えてきているみたいだよ!

マネースクール?なにそれ?

マネースクールって何?

マネースクールは、収入・支出・負債・税金・貯蓄など、生きていく上で関係してくるすべてのお金の流れを見直し、それを基に住居・教育・老後など将来のライフプランニングに即した個人の資金計画を立てる学校のこと。世の中のお金の仕組みを理解すると、余計な損をしなかったり、得したりすることができるということで、社会人のサードプレイスとして近年注目されています。

こんなスクールがあるなんて知らなかった!

マネースクールの魅力は?

マネースクールとは、働く世代のお金づくりをサポートする金融教育セミナーです。正しいお金の知識を得て、自分のお金と人生に向き合う「きっかけ」になります。基本的なお金の知識、使い方を知り、生活に活用できる内容が魅力です。お金の守り方、使い方、残し方をしっかり学び、今後の生活や人生に役に立てることができます。

例えば、まいちゃんは貯金をどこでしてる?

え?どこって当然、銀行だけど。

ふふふ、やっぱりね。実は、銀行で貯金をすると損をするんだ。

うそっ!銀行で貯金するのが普通なんじゃないの?

銀行にお金を置いておくと損をする!

銀行でできることは主に「振り込み」「預け入れ」「引き出し」「支払い」「借り入れ」の5つ。その中でも、銀行は「引き出す」ことに特化した機関と言われています。
実際に、外出先でお金が足りない場合でも、近くのATMを使えばいつでも必要なお金が引き出せるのは銀行の大きなメリットです。
しかし、残念ながら銀行はお金を増やすという機能は持っていません。事実、メガバンクと呼ばれる大手銀行の金利はほぼ0%。預けていたままでは、元金は一向に増えません。しかも、世の中の物価は毎年1%超えの割合で高くなっているため、銀行に預けているお金は増えるどころか減っていると考えるべきなのです。
だからこそ、短期的に使う予定がないお金、つまり貯金については貯めることに特化した機関に預けたほうがいいと言われています。

なにそれ!私は銀行に騙されてたってこと?

いや、そういうわけじゃないよ(笑)
ただ、まいちゃんは「知らない」ってだけで損をしていたんだ。

えーー、だったら私のお金はどこに預ければいいのよ!教えてーー💦

それを正しく教えてくれるのがマネースクール!マネースクールに通って勉強すれば、お金を守ることも、貯めることも、増やす方法だって知ることができるんだ。自分のお金を正しくコントロールすることができれば、将来の漠然とした不安もなくなるよ!

オンラインマネースクール『カネスタ』

今回、ご紹介するのはオンラインマネースクールの『カネスタ』。

無料で金融の学習を行うことができます。オンラインで学習をするスタイルを取りながら、教科書やテストだけでなく、学習状況を個人で測ることができるシステムが導入されており、マンツーマン学習に近い授業を受けることができると話題になっています。また、ファイナンシャルプランナー技能士と呼ばれる国家資格を所持したお金のプロと面談もできるため、若い人を中心に多くのユーザーを獲得しています。
オンラインだから講義の復習が簡単で、自宅で人目を気にせず、お金の勉強や相談ができるのが特徴です。

なんか、可愛い名前!しかも0円って書いてある!

お金のスタディで「カネスタ」っていうんだって!
今、無料会員募集中で、無料で授業の配信を行っているからお得だよ。
まいちゃんもカネスタでお金の勉強をはじめてみよう!

自宅でお金の学習ができる「カネスタ」とは?

カネスタの編集長である本多さんは、東京大学出身の超エリート!最難関と呼ばれるFP1級(※ファイナンシャルプランナーの略。お金の知識を扱う国家資格)を持っていて、カネスタ全体のコンテンツのマネジメントをする傍ら、本多さん自身も講義に登壇しているカネスタを象徴する人なんだ!

東京と福岡を教室があり、2015年6月に開校。延べ150人もの受講生がいる。2019年からオンラインスクールへ移行した。貯蓄や家計管理から、資産運用(投資)、収入を上げるキャリア教育、就活に使える企業分析といった内容まで、金融や経済について学べるさまざまな講座を展開している。

学べる内容(コース)の例

  • お金の教養(家計管理、保険の入り方、マイホーム購入の知識、老後資金、相続、資産運用など)
  • 株式投資
  • 不動産投資
  • 定年後設計
カネスタのプロ講師たち

本多遼太朗(ホンダリョウタロウ)・・カネスタ編集長。ファイナンシャルプランナー1級保持者。

村田憲昭(ムラタノリアキ)・・イコールワンアセットマネジメントCEO

小野大和(オノヤマト)・・・カネスタ講師

アメリカではお金の勉強が義務教育になっている

なるほどね!プロの人たちが教えている学校ということはわかったけど、お金の学校ってなんか怪しいな。騙されそうな気がするんだけど…

確かに、怪しいと思う気持ちはわかるよ。
でも、それこそがお金の勉強にアレルギーを持っているっていう証拠。

実は、海外ではお金の勉強は必修になっているんだ。
アメリカ人が高校生のときに学んでいる情報すら日本人は知らないことが多いんだよ。

えぇ…、アメリカ人って高校生のときからすでにこんな勉強をしていたんだ。
それなら、確かに私もお金の勉強をしなきゃいけないって気持ちになってきたかも。

大富豪が多いと言われるアメリカなどの欧米諸国では、早期から子どもへの金融教育が導入されています。

10歳ぐらいの子どもが単元未満株どころではなく、本格的な株を持つことは珍しくありません。
実際に株を運用することで、経済状況や株の乱高下など身をもって勉強するという実践教育。アメリカ出身の有名な投資家の多くが、初めて株を持った年齢がほぼ10から11歳であると言われています。
株を運用することは経済学を同時に勉強することになるので、若くして大起業家が誕生するというのも不思議ではありません。

世界では、このように学校の授業の中=カリキュラムの中で「お金」について学んでいるところが多い中、日本ではそうした「マネーリテラシー」を身につけるための授業を受ける機会がほとんどありません。

「一生モノのお金の基礎知識」(いかに稼ぎ、貯め、増やすのか)は、日本以外の海外では、学生時代に叩き込まれる「基礎教養」なのです。

書籍『アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書』アンドリュー・O・スミス (著), 桜田 直美 (翻訳)/発行:SBクリエイティブ のAmazonページより引用

カネスタの料金は?

お金の勉強をしたい気持ちがグッと湧いてきたな!
サイトには無料って書いてあるけど、カネスタにはお金がかかる授業はあるの?

無料コースの他にも、有料コースの授業があるんだ。
有料コースは1つ3〜6万円ぐらいで受けられる。それぞれ7〜8時間の講義時間で、8〜10章くらいに細かく分けられているから、自分の隙間時間に合わせて学習できるみたい。それぞれ専用の教科書とテストがついていて、テスト後には講師と面談して質問もできるから、がっつり学習したい人にはおすすめだね!
ちなみに、フル学習コースもあって、それは29万7000円でどんな授業でも1年間受け放題なんだ。

有料コースは結構高いね〜。
正直、もっと安いかと思ってたー。

そうだね。習い事としては僕も高いと思う。でも、カネスタは無料コースが充実しているからお金を払わなくても、お試し感覚で勉強することができるのがいいところなんだ。
無料で授けられるのは生活とお金の教養プラン。10分 x 6本の1時間程度でライトに学習ができるから、最初は無料コースから受けてみるのがいいと思う。
しかも、無料コースにもテストや面談がついているから有料コースと変わらない学習スタイルで受けることができるんだ!

へぇ〜、お金を払わなくても勉強ができるってすごいね!それなら、無料コースから学習してみよっかなー。

カネスタは独立系スクールだから安心!

でも、なんでカネスタは無料でそこまでできるの?もしかしたら、危ない商品とか買わされたりするんじゃない?

まいちゃん、いい質問だね!
確かに、「無料より高いものはない」って言葉もあるくらいだから、他に何か買わされるんじゃないかって怪しむのは正しいと思う。だけど、カネスタが何か特定の商品を薦めてくることはないよ。
カネスタは独立系の教育機関、つまり、銀行や証券会社とは利害関係を築いていないスクールなんだ。だから、授業の中で特定の商品をすすめたり、販売を促すことはない。
それは、カネスタのガイドラインにも記載されているんだ。

カネスタでは、金融商品の販売や紹介を一切行っていません。ここが、世の中に溢れる保険や投資信託、株式、不動産など、金融商品の販売を目的とするマネーセミナーとの決定的な違いです。受講料をもらう代わりに、受講生にとって本当に有益な情報、正しい知識だけを提供する。 この「絶対的な中立性」が、私たちの教育機関としてのこだわりです。

カネスタHP> 絶対的な中立性 より引用

本当だ!確かにしっかりと書いてあるね。外部の講師の人もそれを理解してカネスタで講義を行ってるんだね。

そう。だからこそ、カネスタは講師のセレクションに最も気を配っているんだ。
カネスタは外部の優秀な専門家も講義を行っているんだけど、どんなにすごい経歴で、面白い授業をしてくれる人でも、何かの商品を販売したい人はカネスタで講義をすることはできないんだ。
そういった、お金の授業を安心して受けられるというメリットがカネスタの一番の価値かもね。

でも、なんでそこまで斡旋しないことにこだわるの?

それは、カネスタが「金融教育のインフラ化」というミッションを掲げているからなんだ。
ユーザーが授業の中で商品を売られたと感じてしまうと、その動画はもうただの広告としか受け取れなくなり、何が正しい情報なのか判断できなくなってしまうよね。
それでは、カネスタの描く金融教育のインフラ化(みんなが金融教育を受けられるようになる)が難しくなってしまう。
これは2015年の設立当初から変わっていないミッションで、日本で教育を受ける誰もが金融知識を学べる世界・環境をつくるという理想を実現したいんだって!

すごい大きな夢を持った会社なんだね!だから、特定の商品を売ることはしないんだ

そういうこと!でも、気をつけなければいけないのが、他のスクールやセミナーは、カネスタみたいにクリーンにやっているところばかりじゃないってこと。
他のマネースクールや投資セミナーは、やっぱり後ろに高額の商品を斡旋していることが多いんだ。中には、高額のローンを組まされたり、オリジナルノウハウと謳った怪しい情報商材の購入を迫られたりするケースもあるみたい。
裁判になることもよくあるみたいなんだけど、結局は消費者側が泣き寝入りするしかないんだ。
そういった悪徳業者の存在が、カネスタの目指す金融教育のインフラ化が推進しない理由のひとつなのは間違いない。
やはり、政府が本当の意味でお金の勉強を義務教育化してくれないといけないよ。

難しい話になってきたな… とにかく、悪い会社もいるってことなんだね。気をつけなきゃ!

デメリットはオンラインだから学習意欲が下がりがち

オンラインスクールって自分の都合にあった時間や場所で勉強ができるっていうメリットがあるのはわかるんだけど、自己管理しながらちゃんと最後まで勉強が終えられるか、正直心配かも….

確かに、学習意欲の維持っていうのはカネスタに限らず、すべてのオンラインスクールの心配なところだよね。
そこは、デメリットと言ってもいいと思う。
でも、カネスタはそういった悩みを持ったユーザーに対して、様々な仕様を用いて解決してくれるんだ。

カネスタの勉強の仕方の特徴

  • 授業の完了度をレートで表示
  • 講義後のテストは100点が取れるまで何度も受けられる
  • テストで間違ったところはしっかりおさらいができる
  • テスト終了後、プロのお金の専門家との面談ができる※

※面談にはファイナンシャルプランナー技能士が直接、講義内容のフィードバックを行ってくれます。

これなら、飽きっぽい私でも最後まで勉強が続きそう!😊

カネスタの会員登録をしてみよう!

んじゃ、実際にカネスタの会員登録をしてみよう!

1.ログインページの右上にある「新規会員登録はこちら」のボタンをクリックする。

2.利用規約を確認した後「同意する」をチェックし、送信

3.登録情報を入力する

※ログインIDは任意で決められます

4.本登録完了

登録情報を入力後、メールが届きます。メールに記載されているURLをクリックすると再度ログイン画面にジャンプし、「ユーザーの本登録が完了しました。」という表記がでます。

5.マイページにログイン

ユーザーIDとパスワードを入力し、ログイン。学習の進捗状況などをチェックできるようになる。

簡単に会員登録できた!
マイページから学習状況を確認できるのは便利!

そうだね!バイキング形式で授業を追加することができて、それぞれの学習状況を確認することができるから、誰でも自分のペースに合わせて学習することができるのがカネスタのメリットなんだ!

無料の保険コースを学習してみた!

あれ、よく見たらマイページに「保険のコース」というものが表示されてる!

最初は「保険コース」がデフォルト設定で視聴できるようになっているんだ!無料だから、お試しで勉強できるよ。
せっかくだから、まいちゃんも保険コースの講座を受けてみよう!

1.保険コースで「正しい保険の選び方」を学習しよう!

『保険コース 生命保険』で学べる内容

本章では日本人世帯の90%近くが加入している生命保険について、なぜ保険に加入するのか、保険料はいくらかかるのか、保険のしくみなど、基礎知識から学習していきます。

・保険加入者の割合と加入目的
・医療費の目安
・保険は貯金で代替可能か
・保険料が安くなる人の特徴
・年齢別に見る保険料
・保険の分野と種類
・保険金と保険料の違い

保険っていろいろあってよくわからないんだよね…
ちょうど親からも保険に入れって言われていたから、講義終わるころには自分にあった保険を選べるようになれればいいな!

2.早速、学習をスタート!

ノートとペンを持ち、張り切って講義に挑む伊能

「オンラインでどこでも受講ができる」ってことで、本日は私のオフィスで学習スタート!(サボってるわけではありません笑)

3.講師は村田憲昭(むらた のりあき)さん

野村証券に勤務した後、会社の社長さんになっているんだって!すごい経歴ね!

4.クイズ形式で話してくれるので面白い!

「88.7%ってなんの数字だろう…」と考える伊能

参加型で勉強できるから楽しかったー!

5.完了率で進捗状況を把握しよう!

画面右上にあるレートが進捗状況を教えてくれるんだ!

6.学習が完了したらテストでおさらい!

設問が具体的でかなり難しい…..

7.テスト後も間違えた部分を振り返り

ふむふむ、間違いやすい部分をチェックしなきゃ…!

8.テストは何回でも受けられる!

何度か再テストをして、やっと100点が取れました(笑)

生活に活かせる知識が学べる!

100点を取れて満足の伊能

保険のことは学校では教えてくれないので取っ付きにくいイメージでしたが、カネスタの授業を受けることで今までの悩みが解決しました。

テストで100点を取れたときはすごい達成感がありました。笑

これで保険の選び方がすっきりしたので安心です!

■記事のまとめ

今回は、話題のマネースクールについて記事をまとめてみました。

お金に興味を持っていたり、悩みを持っている人にはオンラインマネースクール『カネスタ』を始めてみてはいかがでしょうか。

今回のチェックポイント

  • 貯蓄に困ったらマネースクールがおすすめ
  • マネースクールは生活に活かせる知識が学べる!
  • カネスタは独立系のマネースクールだから商品の斡旋がないので安心
  • カネスタは無料コースから受講できる!
  • テキストやテストを使って学習できる講義内容がしっかり理解できる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

カネスタってどう?話題のオンラインマネースクールの無料コースを受けた感想とデメリット
いいね!を押してGOA onlineの最新記事を受け取る