ストレス社会を生き抜くマインドセット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはどんなときにストレスを感じますか?仕事で失敗したとき、忙しいとき、何か理不尽なことが起きたとき、上司に怒られたときなどストレスを感じる場面は様々でしょう。

そして、人はそれらストレスを受けると、呼吸が荒くなったり、鼓動が速くなったり、汗をかいたりなどして不安感が現れます。不安に追い詰められたとき、ストレスを感じてこれらの反応が起こるのです。

しかし、ここで呼吸が荒くなったり汗をかいたりするような身体反応が体に活力を与え、チャレンジに立ち向かえるように準備をしていると考えたらどうなるでしょうか?

【前回の記事】ではストレスが人に与える影響として、『ストレス自体』が害を与えるのではなく、『ストレスに害があると信じること』が心身に悪影響を与えることを、アメリカの研究をもとにお伝えしました。

今回は前回のストレスの捉え方を踏まえて、それがどう心身に影響を与えるのかについて科学的根拠も交えつつお伝えしようかと思います。

呼吸が荒くなるのは、脳へ酸素を送るため

これはハーバード大学で行われた研究なのですが、参加者にはとある社会的ストレステストを受けてもらいました。

社会的ストレステストとは、参加者に算数の問題(996から7を順に引いていき、それを音読し続けてもらう問題など)を解いてもらうのですが、そこで解き続けている最中に試験官が「もっと早くお願いします。」や「遅いですよ。」などと言って参加者を焦らせて、しまいには「一人間違えた人がいるので最初からお願いします。」と言ったりしてストレスを加えつつ問題を解かせるテストです。

こうすると、参加者は冒頭で紹介したように呼吸が荒くなったり、鼓動が速くなったりするなどのストレス反応が現れます。ただ、このテストをやる前に参加者には自分たちのストレス反応を有効なものとして考え直すように教えておきます。

例えば「呼吸が荒くなるのは脳を活発に働かせるために、酸素をより多く取り入れているのです。」といった感じでレクチャーしておくのです。すると、参加者たちは試験官に焦らされたりしても、ストレスや不安が少なく、自信を持てるようになったと言います。

このようにストレス反応は能力を十分発揮できるようにするためのものであると知っておくことで、ストレスを受け続けたとしてもパフォーマンスを落とすことなく、むしろ自信を持ってテストに臨むことができたのです。

心だけでなく、身体にも良い影響を与える

さらに驚くことに上記のような考え方を持つことで、心だけでなく身体機能にも影響を及ぼすことが分かりました。具体的に言いますと、心臓の機能に大きな影響を与えていたことが、目に見えてハッキリと分かったのです。

通常の場合では、ストレス反応が現れると、心拍数が増えて血管が細くなってしまいます。血管が細くなった状態にもかかわらず、心拍数が上がったことで血流は増すので、なんとなくでも心臓病のリスクが高まるんじゃないかということが分かるかと思います。

対してストレス反応を有効なものととらえられるようになった参加者はどうだったのでしょうか?こちらも確かに心拍数は上がったのですが、血管が細くなることは無かったのです。血管が細くならずリラックスしている状態なら、血流が速くなっても健康的でいることができます。

そして、この状態は実は喜びや勇気を感じるときの状態にとても似ているといいます。ストレスが自分の体や心にどういった影響を与えるかを知っているだけでも、勇気を持って行動することができるということでしょう。

ストレス社会を生き抜くために

【前回の記事】でストレスは様々な病気の元凶になり得るという話をしました。しかし、その捉え方を変えるだけで厄介だと感じていたものが、逆に勇気をもらたしてくれる強い味方になってくれます。

現代はプレッシャーの多いストレス社会と言われています。このストレスの多い人生で、心や身体を健康に維持する”すべ”(つまりストレスに対する考え方)を持っているかどうかが、30年後あるいは50年後にも心身共に健康でいられるかどうかがかかっているかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

ストレス社会を生き抜くマインドセット
いいね!を押してGOA onlineの最新記事を受け取る