リーマンショックを基礎の基礎からわかりやすく

2008年に何が起こったのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは2008年に起こった「リーマンショック」について、正しく説明できますか?

不景気でサラ「リーマンにショック」が起こった、といった雑な解釈は今日で終わりにしましょう。

今回の記事から6回にわたって、リーマンショックやそれにまつわる用語の解説と、再び起こるであろう経済危機にあなたが生き残っていくにはどうすれば良いのか、考えていきたいと思います。

これをきっかけに、ビジネスでも使える世界経済を学び始めてみませんか?

リーマンショックは何が起こったのか①

リーマンショックを一言で言うと

リーマンショックの「リーマン」とは超大手の証券会社であった「リーマン・ブラザーズ」のことです。このリーマン・ブラザーズが2008年9月15日に倒産に陥り、これが一番の要因となって全世界に経済危機が広がったため、リーマンショックという名前で呼ばれているのです。

つまり、リーマンショックを最も簡単に説明するならば、「2008年に起こった、リーマン・ブラザーズという会社を発端とした世界的経済危機のこと」となるわけです。

さて、出来事の概要を簡単にさらった上で、何故リーマン・ブラザーズが倒産したのかを考えてみましょう。

リスクをとった成長

リーマン・ブラザーズはアメリカで当時第4位の巨大で名門の証券会社でした。十分大きい証券会社なのですが、金融の世界にはさらに上がいました。「ゴールドマン・サックス」や「モルガン・スタンレー」といった会社の名前は聞いたことがあるのではないでしょうか?

日本の銀行でたとえると、「三菱UFJ・みずほ・三井住友」のメガバンクに続く、りそな銀行のような立ち位置にリーマン・ブラザーズがいたと考えるとわかりやすいと思います。

リーマン・ブラザーズの規模ではまだまだ買収される恐れがあったため、より大きな証券会社へと変わる必要がありました。業績を伸ばすため、ハイリスクハイリターンな商品に手を出していきました。

それらハイリスクな商品の一つが今回の事件のカギとなった「サブプライムローン」関連の商品なのです。

「サブプライムローン」は一言で表せば、低所得者でも家が買えるように組まれたローンのことです。住宅の値段は上がっていき、リーマン・ブラザーズはさらに実力をつけていきました。2007年には総資産が6900億ドル、日本円で約70兆円の大企業になったのです。

しかし、やはりサブプライムローンは投資し続けるのにはあまりにもリスクが高かったため、リーマン・ブラザーズは崩壊の道へと進むのです。

全てが崩壊した2008年

サブプライムローンはもともと無理な設定で組まれてしまったローンなので、徐々に返せない人が続出しました。このようなローンの焦げ付きが続き、ついに2007年に住宅市場の価格が一気に下落し、住宅バブルが崩壊しました。

その結果、サブプライムローンに大規模な投資をしていたリーマン・ブラザーズは日本円で64兆円という莫大な負債を負うこととなったのです。

64兆円にピンとこない方もいらっしゃると思いますが、当時の日本の国家予算が約80兆円ですから、日本という国が約10か月分で使う金額となります。言い方を変えれば、地球に住む全人類から1万円ずつ回収しないと返せないとも言えます。

そして、この大量の負債は大国であるアメリカでも救済することはできず、2008年に9月にリーマン・ブラザーズは経営破たんとなりました。

そして、この一大証券会社の経営破たんはアメリカ経済の崩壊を引き起こし、アメリカでは800万人が失業しました。そして、経済危機が全世界に広がっていったのです。

それでは、経営破たんしたリーマン・ブラザーズが投資していた「サブプライムローン」について、【次の記事】で理解していきましょう。(②に続く)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

リーマンショックを基礎の基礎からわかりやすく
いいね!を押してGOA onlineの最新記事を受け取る