FXとは?~何も知らなくてもこれさえ読めば分かる!FX超入門~

FXの概要から不安まで全て解決させます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は、FXに初めて触れるという方に向けて、FXがどのような投資であるのか、利益は上げられるのか、といった概要を知っていただき、FXのイメージを持っていただければと思います。

この記事ではそもそもFXとは何か、という解説から始まり、詐欺や借金の可能性はあるか、自分に向いているのかどうか、といったことまで、初心者に向けて丁寧に解説しております。

下の目次から自分の興味のある内容を選んで読んでいただければと思います。

(本ページでは、投資初心者にFXのイメージを持っていただくことを目的としているため、難しい単語や詳しい説明などを省略する場合があります。)

FXは「売り買いの差額で利益を狙う」

まず初めに、「FXとはそもそも何か?」ということを知っていきましょう。

FXを簡単に言えば、日本の円や外国のお金を売り買いして、「売り買いの差額で利益を狙う」1つの投資です。

外国のお金というと難しいイメージがあると思いますので、もっと簡単に古本のマンガを例にして考えてみましょう。

あなたは古本屋さんである面白いマンガに出会いました。そのマンガは出たばかりであまり知られておらず、1冊100円で売られていたので、あなたは買うことにしました。

その後、その作品がアニメ化されて、マンガも莫大な人気が出てきました。するとどの古本店も原作の漫画を高価買取し始め、買った古本屋さんでは200円で買い取りがされていたのです。

あなたは1冊100円で買ったマンガを200円で売ることができ、100円の利益を上げられたことになります。

この例の「マンガ」をドルやユーロといった外国のお金に入れ替えてみると、FXは理解しやすいと思います。

1ドルが100円で買える時にドルを買って、1ドルが200円になったら売るというのがFXの一例です。

つまり、各国のお金が安いお得なときに買っておいて、高くなったら売る、といった売り買いで利益を狙うのがFXの本質なのです。

FXと株の違いとは?

さて、あなたが他にお金を使って増やすという投資で思い浮かぶものとして「株」があると思います。しかし株とFXは全くの別のものなのです。

~株~
・日本にある会社に投資する
・取引対象は、上場している企業の約3500社
・買った会社の価値が上がれば利益となり、倒産すれば株の価値も0円となる
・始めるのに20~100万円程度の資金が必要
・利益の上がるペースは比較的ゆっくり
・売り買いは平日朝9時~昼3時の間でのみ出来る
~FX~
世界の国の通貨の価値に投資する
・取引対象は、先進国の通貨である約3~10種類
・買った通貨の価値が上がれば利益となり、負けても価値が0円となることはない
・始めるのには5万円、場合によっては5千円程度でも可能
・利益の出るペースは早いが、その分損失も早い
・売り買いは平日であれば24時間できる

詳しく比較すればもっと細かな違いはありますが、はじめは2つの違いを上のように捉えてもらえばよいと思います。

そして株を使った投資は、投資初心者にはハードルが若干高いと考えられます。なぜなら、

・平日の日中は別の仕事があるため、取引できない
・用意しなければならない資金が大きい
・取引対象が多く、どの会社に投資したら良いかの情報も得にくい

株のこれらの特徴を考えた時、初心者の人が投資に親しむための入り口としてFXから始めることは理にかなっていると言えるのです。

FX=詐欺って本当か?そのイメージは何故?

しかし、FXというと詐欺というイメージが強くついているのが実情です。

事実から述べれば、FXは詐欺ではありません。何故なら専業トレーダーや金融機関の投資部門といったプロの人々も行っている投資だからです。

それにもかかわらず、「FX=詐欺」というイメージが人々には残っているのか、それには2つの理由があると考えられます。

理由①:FX会社が横領する事件

FXが普及しはじめた時代には、みんながお金を預けて取引をするFX会社自体が、お金を持ち逃げしてしまうという事件が発生していました。

つまり、みんなのお金をFX会社が個人的に使ってしまい、返してもらえないという事件が起きていたのです。

しかしそれも昔の話、今ではきちんと法律が整備され、あなたが預けたお金はきちんと保証されるしくみが出来ています。(信託保全)

そのため、きちんと事業者として登録されている日本の大手の会社で取引する分に関しては、詐欺ということは発生しないと言えます。

理由②:詐欺的な商品が出回る

むしろ、現在FXで詐欺というイメージを強くしているのはこちらの理由でしょう。

FXのしくみは、投資をし始めた初心者にとってはわかりづらいものとなっています。いつ売り買いすれば良いか、どのように取引すれば良いか、を理解することはなかなか難しいです。

それを利用して、FXのツールやセミナーというのが出回っているのです。よくこのようなうたい文句を聞いたことはないでしょうか?

「勝率95%の魔法のツール」
「誰でも1日10分の取引で月20万の副収入」

そもそも冷静に考えてみれば、このような稼げる方法があるなら、開発者はわざわざ他人に教えずとも自分で使えば利益を上げられる訳です。

このようなうまい話で、とにかく楽して稼ぎたいという初心者が高額商品を買ってしまい、実際は全く使えないという事態が幾度と起きているのです。

そして、本来はこういった高額詐欺商品を販売する業者が問題にもかかわらず、良くわからないまま「FXは詐欺」という口コミだけが広がってしまっている、というのが現状なのです。

つまり、以上の2点を整理すれば、きちんと資金が守られている大手のFX会社で、自分で判断して取引することが重要である、ということがお分かりだと思います。

FXは借金地獄になるのか?

詐欺というイメージの他に、FXに関するマイナスなイメージとして持たれているものとして、「FXは借金になる」というものがあると思いますので、こちらも正しく理解しておきましょう。

「芸能人がFXで大損した」「親戚のおじさんがFXでお金を溶かした」など、どこかで聞いた誰かの体験談だけでは、こういったイメージを持ってしまうのも無理はありません。

しかし、先に結論から言えばFXで借金になることはまずあり得ないと言えます。正しく管理して取引していれば、若干の損はあっても、一気に借金へと変わることはあり得ません。

それでもFXで借金生活に陥ってる人がいるのは何故か。それは次の2つの過ちを犯しているためと言えます。

過ち1:余裕資金で取引をしない

あなたが宝くじを買う時のことを想像してみてください。1等前後賞合わせて7億円。きっとこれをあなたも当たったらなあ、と想像したことはあるのではないでしょうか?

では、いくら宝くじを買って1等を当てたいと思うがために、銀行や消費者金融に行って1000万円借りるでしょうか?おそらくそのようなことはしないと思います。

きっと自分の財布の中から使ってもいい金額、例えば3000円や1万円といったレベルで宝くじを買って当たることを楽しみにすると思います。

FXで借金を抱えている人の多くはこの点で過ちを犯しているのです。つまり、自分の余裕資金でトレードをせず、そのお金を損失で無くしてしまい結果的に借金になっているのです。

FXは最初に投資する金額を決めて、その中で取引するというシステムになっています。つまり、最初に決めた金額以上に損失は基本的に広がらないはずなのです。

つまり最初に「この分だけを投資で頑張って増やしてみよう」と決めた金額だけでFXをしている限り、借金状態になることはあり得ないのです。

過ち2:許容金額以上の取引を行う

こちらは少し難しい話になるのですが、FXは自分が預けた分以上の金額を運用できるというシステムがあります。

あなたが1万円分預けたら、例えば預けた金額の2倍の2万円分として運用することもできますし、海外のFX口座ですと500倍の500万円分の運用をできるところもあるそうです。

もしあなたの持ち金を500倍にして運用して、利益を上げられればそれは莫大な金額になりますが、損失を出せばその金額も大きなものになることは想像できると思います。

こういったFXの「リスク」の部分を理解しないまま、いきなり莫大な利益に目がくらんでしまい、正しく資金管理が出来ないと、一気に損失を抱えてしまうこととなるのです。

つまり、FXを始めるにはしっかりとしくみを知って、自分が許容できる範囲での取引を心掛けることが重要となるのです。

FXって一般人でも稼げるの?

さて、FXによく考えられがちなマイナスなイメージを正しく理解していただけたら、次は「FXは一般人にも利益をあげられるのか?」というテーマについて考えていきたいと思います。

FXなどの投資に対してこのようなことを言う人が良くいます。

「我々のような素人が、プロの投資家と同じフィールドで戦って勝てるわけがない」

しかし、FXの世界では私たちの一般人でも十分に利益を上げられる可能性はありますし、実際に利益をあげている人も多くいます。その理由を見ていきましょう。

プロも一般人も見ているものは同じ

インターネットが未発達だった一昔前ですと、金融機関に勤めているようなプロの投資家だけが持っている情報などは多くあり、一般人である私たちがトレードをすることは難しい状況でした。

しかし、現代のネットの発達で私たちでも相場の状況をリアルタイムで知ることが出来るようになりました。

その結果、プロも一般の人も同じ条件で戦える環境が整っており、あとは個人のやり方次第で結果を出すことが出来るのです。

プロにかかる大きなプレッシャー

逆にプロの投資家より一般人の方が強みになっている点も存在します。それはプロは「ノルマ」や「投資方針」に縛られているという点です。

プロの投資家というのは自分のお金ではなく、お客さんや会社のお金という大量の資金を動かしています。

何億、何十億というお金を、毎月何%の利益を出さなければいけないといったノルマがあり、そのプレッシャーの中戦い続けなければいけません。

また、どのような方針で投資を行うかというのも会社によって決まっているため、自分の自由にトレードはできません。

その点個人で動いている私たちは、休みたいときに休むことができます。強制されるものもなくのびのびとトレードすることが出来るのです。

FXなどの投資に心理の側面はとても重要な物であり、その点では自分のペースで運用できるというメリットが私たちにはあるのです。

つまりプロの投資家と私たち一般人には、戦うフィールドという点ではあまり違いがないと言えます。

では何がプロと一般人の差をつけるのか、それは単純に「経験」の違いです。

プロの投資家は、長い年月の間FXの相場に触れています。そのため「このような場面ではこうなるだろう」という長い経験に基づいた予測や判断が可能なのです。

しかし、前回と全く同じ相場といのは存在しませんので、そういった予測も絶対に当たるものではありません。

だからこそ、私たち一般人でもFXの基本を押さえておけば利益を取ることは十分に可能と言えるのです。

FXに向いていない人は?

では、自分が本当にFXをやるのに向いているのか、と不安に思っている方もいるのではないかと思います。

そこで、次にどのような人がFXに向いているのか、あるいは向いていないのか、という観点で見ていきたいと思います。

まず先に、どういった人がFXに向いていないのか、その理由とともに説明していきたいと思います。

平日に全く時間が取れない人

まずは時間的制約の観点から、平日の間「全く」時間が取れない人は難しいと言えます。なぜかといえば、相場は平日の間しか動いていないためです。

しかし、「全く」という言葉にある通り、1日5分や10分という時間があればFXで取引することは可能です。

この場合、1日の間にずっと相場を見て取引する、というスタイルのトレードは不可能ですが、1週間やもっと長く1か月、1年といった期間での利益を狙う投資はできます。

その場合、朝や寝る前の5分の時間で注文したり相場をチェックしたり、というわずかな時間で利益を狙っていくことになります。

このような僅かな時間も平日に取れない!という人はFXは難しいと言えるでしょう。

短い期間で確実な金額を儲けたい人

次は投資に対する心構えに関する問題ですが、1週間で5万円の儲けを安定して出したい、と考えている人もFXには向いていません。

特に返済期限が迫った借金を返すためのお金を調達する方法としてのFXは最悪と言えるでしょう。

FXはきちんと準備すれば利益を上げることは十分可能ですが「いくら稼げるか」ということが定まってはいないからです。

1時間いくらで働く一般的な労働とは異なり、投資は相場によって利益の額は変わってきます

その結果長年取引しているトレーダーでも、ある月は100万円の利益でも、その翌月は20万円の損失だった、ということが多々あります。

FXは長いスパンでお金を増やす投資と捉えることが大切です。

FXに向いている人は?

では一方で、どのような人にFXはおすすめか、FXを始めることに向いている人のポイントもあげていきたいと思います。

空いた時間でサブの収入を得たい人

平日に少しでも時間が取れて、本業以外でもお小遣い程度の金額がもらえればラッキー、と考えている人にはFXは良い選択肢でしょう。

FXは正しい知識を持ってきちんと準備してトレードすれば、長期的に利益を上げることが十分に可能な投資です。

またFXは投資であり副業ではないため、公務員や会社にある副業規定にはかかりません。公務員で仕事が終わった後にトレードをしているという人も多くいらっしゃいます。

将来本業の収入以外にもう一つの武器として投資を身に着けておくことは、もはや現代社会で必須スキルといっても過言ではないのです。

将来の自分の資産に不安を感じる人

もちろんこれはFXで大儲けして億万長者になれるということではありません。ここで言いたいことはFXが自分のお金について考えるきっかけになるということです。

日本人の多くは、労働で得られる「収入」と日常的に使う「支出」の部分のみに着目している人が多く、持っているお金を活用するという「資産活用」の視点が抜けている人が多いです。

今はなんとなく生活できているけれど、将来に向けてお金について考えてみたいという人であれば、その入り口としてFXは適していると言えます。

なぜならFXを始めることで、自分の「お金」について考えるきっかけとなることが多いからです。

少額でもお金を扱って投資するという感覚を持つことで、必然的に自分の将来の資産形成に対する感度を高めることができるのです。

日本や世界の経済について知りたい人

そしてFXのもう一つの良い点として、取引していると自然に日本や世界の経済に強くなれるというものがあります。

というのも、FXは世界の通貨を取引する投資ですので、世界の経済と密接に動いているためです。

そのため、FXでもっと利益を上げたい、とすると必然的にそういった経済の事情を知っていくこととなります。

FXで利益を上げるために頑張っていれば、知らないうちにビジネスでも活かせる経済の知識を手に入れることが出来るという一石二鳥のような効果があるのです。

FXってどうすれば始められるの?

ここまでこの記事を読んでくださったあなたは、きっとFXに興味を持った、もっと知りたくなったと感じてくれた方だと思います。

しかし、実際にFXを始めるためには何が必要なのか、どんな準備がいるのか、ということは初心者のうちはわかりにくい点も多いことでしょう。

そこで初心者がFXを始めるために必要なもの3つをわかりやすく記事にまとめましたので、興味があれば続けて読んでみましょう。

〈やり方リンク(近日更新予定)〉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

FXとは?~何も知らなくてもこれさえ読めば分かる!FX超入門~
いいね!を押してGOA onlineの最新記事を受け取る